生活保護と成年後見

司法書士海埜事務所

現在フォームから受付中です。

〒182-0024 調布市布田2-40-1 S701

受付時間/平日9:00~18:00

生活保護と成年後見

2022/04/01 生活保護と成年後見

 

こんにちは

司法書士海埜です。

 

私が後見人になっている方が、今度施設を移ることになりました。

ご親族がお見舞いにきやすい距離のところがいいという事情もありますし、今の施設に高齢者ようの設備が整っていないという事情もあります。

食事や、日中活動が充実しているほうが、ご親族の負担も軽減できるかと思います。

 

 

対象の方は生活保護受給者なので、施設の見積もりをとって、市のケースワーカーの了承を頂く必要がありました。

最初に検討していた施設では、実はケースワーカーの承諾を得られずに却下となりました。

その理由というのは、要するに「施設の見積もりのなかで生活保護費から出せない部分があるから」ということです。

それがどの部分かというと、一部の共益費です。ケースワーカーがおっしゃるには、もし病院に入院することになった場合は、その間の共益費は生活保護からは出せないということなのです。

以前、施設に入居中に入院するというケースがあり、施設の共益費について、市がお金を出すか、出さないかで相当揉めたので、以来、転居先施設の見積には厳しくなったと言います。

 

 

そして2回目に見積もりを頂いた施設では、無事に見積もりの了承を頂けました。

その施設でも、入院中の共益費はかかるのですが、市の事情に合わせて削ってくれるようで、もともと担当のケースワーカーとつながりがありました。

なんだか、市と施設側がおかしな感じに結びついている感はありますが、でもそれはそういうものだと割り切るしかなさそうです。

 

 

ところで生活保護受給者の成年後見報酬については、大概の自治体で報酬助成がありますが、なんと調布市にはありません。

なのでこの件は完全にボランティア活動です。

調布市はまだまだ課題があるなと思いました。

 

 

 

司法書士海埜事務所
電話番号 042-427-0643
メール umino@umino-legal.jp
住所 〒182-0024 東京都調布市小島町三丁目66番地1モンレーブ調布501
受付時間 平日9:00~16:00

TOP