被保佐人のガン治療

司法書士海埜事務所

現在フォームから受付中です。

〒182-0024 調布市布田2-40-1 S701

受付時間/平日9:00~18:00

被保佐人のガン治療

2022/03/17 被保佐人のガン治療

こんにちは
司法書士海埜です。

保佐人に就任している件で、また難しい局面がきました。
ひとことで言うと、「ガンの積極的な治療を行うかどうか」を決めなければならない時期になったということです。

御本人としては(御本人はとてもお元気で、認知度は普通)、幼少期に腸カタルをやったので、お腹の具合が悪いのは普通のことなのよ、だからあんまり気にしてないのよ!ということなのですが…


医師の診療情報を施設が確認したところ、そんな軽い症状ではなさそうなのです…。
一般的に、いわゆるストマ(人口肛門)を導入してもおかしくなさそうな状況のようなのです。
施設側としては、入所者が消化器のガンをかかえていて、それがいつ「爆発」するかわからない…という状況も怖いですし、そのときにどう対応するかを想定しておかなければならないのも、やや困るといった様子です。
また保佐人としても、御本人の病状は把握しておきたいところです。


残念ながら、初診の医師の診断があったとき、コロナのため部外者立入禁止のなか、ほかに立会人がいなかったのが問題でした、
本人のはなしだけでは医師の診断のニュアンスがいまいちわかりません。


そこで御本人を混じえ、施設関係者と保佐人で改めて話合いを行ったところ、またお腹の検査をしましょう、検査してガンの進行を確認したうえで、治療が必要なら治療しましょう、というおおすじの合意ができました。

コロナ禍でも、やはり顔を会わせてお話しすると安心感があり、いろいろと進みやすいと感じたできごとでした。

 

 

司法書士海埜事務所
電話番号 042-427-0643
メール umino@umino-legal.jp
住所 〒182-0024 東京都調布市布田2-40-1 S701
受付時間 平日9:00~16:00

TOP